P28今月号の締めの一杯、人物Report 広報白河 平成29年12月1日号 | 白河市公式ホームページ

広報しらかわ

2017.12.1 No.145

第20回
今月号の

締めの一杯

白河は全国的にも知られるラーメ
ン処で、市内には100軒を超す店
が点在しています。毎月、おすす
めの一杯を紹介します。

本 庁 舎 〒 961-8602 白河市八幡小路 7-1 ☎㉒ 1111(代)/Fax㉗ 2577
表郷庁舎 〒 961-0492 表郷金山字長者久保2 ☎㉜ 2111 /Fax㉜ 2234

おとめ食堂



住  所:東釜子字大師山58-9
電  話:0248-34-2642
営業時間:11:00 ~ 15:00
     (品切れ次第終了)
定 休 日:金曜日
駐 車 場:有り





①飽きのこないスープが特徴の『手打ラーメン』 ②塩味のスープに自家製ラー油がくせ
になる『からしたんめん』 ③2代目の洋さん。現在、ひがし商工会青年部長も務める

小峰城の「おとめ桜」が店名の由来
わざ
初代の業と思いを受け継ぎ、2代目店主が腕を振るう
 1964年、東京オリンピックの年に和尚壇で創業した「おとめ
い が ら しひろし
食堂」は、平成元年に東釜子に移転し、今は2代目の五十嵐洋さ
ん(35歳)が腕を振るいます。自慢の手打麺は、
「とら食堂」
(双石)
つとむ
で修行した初代で父の勉さんから直伝されたもので、
「数は出せな
くても、来てくれたお客様に喜んでもらえるような仕事をする」
という思いも一緒に受け継いでいます。
 おすすめは『手打ラーメン』
。あっさりとしながらもコクのあ
る鶏がら醤油スープが、手打麺に絡みます。また、自家製ラー油
がくせになる塩味の『からしたんめん』も人気の一杯です。

大信庁舎 〒 969-0392 大信町屋字沢田 15-1 ☎㊻ 2111 /Fax㊻ 2409
東 庁 舎  〒 961-0392 東釜子字殿田表 50 ☎㉞ 2111 /Fax㉞ 3584

地域の風になる
地域おこし協力隊員の活動と
     発見した地域の魅力

東地区隊員
おおいし

ひでとし

大石 秀敏

さん

東タクシー






河石

田園菓子工房

・こんない

・川島理容

11



県道

石川
浅川

白河

・市立ひがし幼稚園
・白河消防署
東分署

・キッチンぐるめ

◀大石さんが描いた絵手紙
▼蔵を改修して開いた蔵カフェ
「さんぽみち」
(東釜子)

 私は広島生まれの60代です。仕事のために海外に出ました。
故郷に恩返しができないかと考え、
地域おこしを選択しました。
 ここでは、小学生と挨拶をかわし、畑仕事の合間に、通りが
かりの方と話します。
ゆったりと流れる時間に浸かっていると、
「なんと急いで生きてきたことか」と感じます。ここに来て1
年半が過ぎました。いつまでもよそ者でいるわけにはいかず、
自分がこの地で何ができるかと考えました。似顔絵を描き、カ
フェ「さんぽみち」を開店しました。何をなしたか墓標に刻む
覚悟で、仕事に取り組んでいます。よろしくお願いします。
《マチイロ》

アプリで情報チェック
「マチイロ」は、アプリのダウンロードと簡単な
個人設定で、いつでもどこでも「広報しらかわ」
を読むことができます。

「広報しらかわ」は、環境にや
さしい再生紙と植物油インキを
使用しています。
広報しらかわ 2017.12(H29)

28

Document relate