教科書正誤表(初版2刷)pdf 最近の更新履歴 奥野『ミクロ経済学』

奥野編著『ミクロ経済学』:正誤表

2017 年 4 月 26 日
ミクロ経済学(第 1 版第 2 刷)で現在発見されているエラーです.これ以降に追加発見
されたエラーについては,教科書正誤表(初版 6 刷)を併せてご覧ください.
■序章

• pp. 14. 下から 11 行目. 誤:「直接支払い(直接所得保障)」 → 正:「 直接支払い
(直接所得補償)」

■第 1 章

• pp.33. 脚注 10.誤:「特に,v が微分可能... ければならない.」→正:「v が微分可
能である場合,すべての u について v′ (u) > 0 が成り立つならば,v は単調変換で
ある.」

• pp.44. 上から 7 行目.誤:「保障」→正:「保証」
• pp.60. 第 1 段落(最後の文).誤:「粗代替財の価格が上昇すれば,... 需要曲線は左
にシフトする」→正:「ある財の価格が上昇すれば,その財の粗代替財の需要曲線
は右にシフトし,粗補完財の需要曲線は左にシフトする」

• pp.65. 表 1.1(右下のギッフェン財のところ).誤:「∂piD 」→正:「∂pi 」
• pp.66. 第 1 段落(最後の文).誤:「つまり,下級財なら... 依存することになる」→
正:
「したがって,第 2 財は, 下級財なら第 1 財の粗代替財となるが,正常財なら,
二つの効果の相対的な大きさによって,第 1 財の粗代替財にも粗補完財にもなり
うる」

• pp.70. 上から 3 行目(2 か所).誤:「u(c, h)」→正:「u(h, c)」
■第 2 章

1

• pp.88. 第 3 段落 誤:分業(devision of labor) → 正:分業(division of labor)
• pp.94. 上から 4 行目(難解な文を修正).「生産要素が可分性を満たしているならば
雇用する必要のなかった生産要素を雇用しなければならない」→「可分であったな
ら必要のなかった生産要素を,投入しなければならない」

• pp.117. 図 2.14(キャプション).誤:「規模に関する収穫一定と生産関数の形状」
→正:「規模に関する収穫一定と拡張経路の形状」

• pp.125.命題 2.7.誤:「価格弾力性より大きい」→正:「価格弾力性より,絶対値
をとると大きい」

• pp.129. Column 4–5 行目.誤:「長期の弾力性のほうが高くなっている」→正:「長
期のほうが需要はより弾力的になっている」

■第 3 章

• pp.143. 下から 1 行目.図 3.5 の左 → 図 3.5 の右
• pp.155. 上から 2 行目.誤: x2B∗ + x2B∗ → 正: x2A∗ + x2B∗
• pp.157.脚注 7.「ワルラス法則」→「ワルラスの法則」(表記のゆれの補正)
• pp.174. 下から 5 行目.誤:「保障」→正:「保証」
■第 5 章

• pp.244. 上から 9 行目.均衡均衡でも → 均衡でも
■第 6 章

• pp.261. 上から 3 行目.誤:「状態が二つより大きい」→正:「状態が二つより多い」
∗ pp.265. 上から 5 行目.「資産額 cL をとって考えてみよう」→「消費額 cL をとって
考えてみよう」(「資産額」と「消費額」の言葉のゆらぎ修正)

∗ pp.266. 下から 10 行目.誤:図 6.2 で与えられる効用関数 u → 正:図 6.1 で与え
られる効用関数 u

∗ pp.268. 下から 7-9 行目 (2 箇所).誤:rL /rH < p/(1 − p) → 正:−rL /rH < p/(1 − p)
(絶対値に直すマイナスが必要)

∗ pp.272. 下から 7 行目.「不景気のときに実現できる消費額」→「不景気のときに実
現できる受け取り額」

2

■第 7 章

• pp.328. 注 10.誤:「Myles (2006)[30]」→正:「Myles (2006)[29]」
• pp.336. 第 2 段落 2 行目,4-5 行目.「消費者 A の原点」→「消費者 A の原点 OA 」,
「消費者 B の原点」→「消費者 B の原点 OB 」.(初出なので OA ,OB を挿入)

• pp.339. 下から 2 行目.「K ML の面積によりも」→「K ML の面積よりも」
• pp.341.式 (7.11).2 本目の式.



cG − vˆ j (G) 右辺が正の場合
誤:T i = 

0
その他の場合

正:T i = cG − vˆ j (G)

∗ マークの修正箇所は,読者の方からご指摘いただきました.筆者一同心から感謝いた
します.今後とも奥野『ミクロ経済学』をよろしくお願いいたします.

3

Show more