新型インフルエンザ対策ガイドラインの見直しに係る意見書 概要

新型



エン

対策



見直

意見書

概要
新型

新型




エン

具体的









役割等

新型





中心

エン 対策
新型 ン
エン

新型









病原性

 病原性





 感




対策

考え方



エン



(A/H1N1)


対策

場合

中等



対策






実施

判断

考え方






提示

状況
必要



場合



法制
エン


検討

行わ

発生
改定

事態
点や



p.2

場合

季節性

改定

必要

新型
現行


被害想定


知見 教訓 新型

ン ワクチン接種

重要事

策定

提示

行動計
死率 2.0

エン






策定



.病原性


専門家会議

対策行動計

提示




状況 中

備え 現行法制 及び改定行動計
前提
更 検討
論点

検討

※未策定


エン

(A/H1N1)対策総括会議等
検証結果
行わ
新型 ン
エン 対策行動計
い 意見

見直

現在



新型 ン
発生

エン



対策



意見書



エン

p.1






過去
高い

エン

経験





場合



エン





死率 0.53



p.2
え 感






個々

考慮


感 拡大防 策 そ 感 力

必要
感 力 地域 状況 季節等様々 要因 変化
感 力 大
対策 効果
複雑 あ



1

対策



数値化

対策

対策

.水

対策

<行動計


改定

検疫等








侵入

完全

特徴 病原性 感



合理性

病原性等



準的


停留




標準的

タ ン

例示

今後

科学的知見等

対策

合理性












見込
療体制


契機


機動的



発生国



患者
席周

例示

効果




検査

渡航歴

ンク

い場合や


対策

病原性



対応

実施

行者

対象





判明

時点



原則
考慮

判断 契機等 例示





時点

い患者 確認

時点

追え い患者 確認

時点


疫学的

p.4

見込



一旅程
者等

2



措置 縮

現行



え 発生段階

p.6,7

措置





p.5,6



具体化





明示



時期

明確化







状況

行わ

情報



停留 実施

場合

契機



侵入遅延

患者



死率 当初



対象者

標準的

流行


対象者

行う場合

対策

力等 や発生状況等

対策

ン 参考

停留





対策

健康監視





場合



場合



国 発生





 既 海外 複数国





目的

判明





水 対策












.感

拡大防

<行動計


改定

対策











目的

変化

明確化

目的 段階

実施

替え



発生早期



感 拡大



感 期



被害



発生早期以降

級閉鎖





発生段階

対策

発生段階




抑制 主

軽減



感 拡大防



具体化

通常季節性



エン

患者

自宅待機等



学校閉鎖

強化 目

p.8-13
対策

実施



対策

国民

啓発



設定


学級

学級閉鎖等


実施

実施期間

発生段階 応

準 欠席率

逬間程

地域全体





延長

感 拡大防 策 選択肢

設定


国 発生早期~流行拡大以前
積極策



感 拡大抑制

地域全体

学校

臨時休業等

検討

流行



療体制 負荷

過大

場合 そ 軽減

地域全体

学校

臨時休業等 積極策 検討



患者


過去
患者

居者

自宅待機期間

知見等



自宅待機期間







保育施設等


設定

発症


休業時

患者 発症


児童
臨時休業

提示

日間又 解熱

発生時 知見

地域全体 保育施設等

p.13,14

自宅待機期間 目



居者 自宅待機期間



翌々日

長い方

日間
必要 応

対応

行わ

明示
対応



p.14
提示


事業者 業務



療従事者等

事業

活用

保護者 欠勤

見込

う要請

保育事業 一部保育施設 開

対応 提示

3



センタ 等





<行動計


改定

エン




エン




季節性







及び新型 ン

実施方法



約 500

約 500



症流行予測調査



他 地域

発生時

追加

新型




国民 各

エン

強化等



実施



エン



発生動向

定点

療機

幹定点

療機

入院患者

発生動向 特徴

学校等

臨時休業

情報

全国

エン ウ

把握

把握



代 血清抗体調査


強化



発生時

対応

定点 療機

実情 応

エン

把握

実施時期等 明示



様疾患発生報告

発生状況

p.17-20

確立

約 5,000

エン

発生状況等

全数把握 学校





学校

強化

体制

エン

発生動向

患者発生





患者

目的

入院



追加



通常



確立

患者や入院患者

発生時

新設


ン 体制

新型












追加

実施方法等

強化

p.20-24

明示





目的

実施方法

実施期間

明示

新型



エン

患者 全数把握 確定患者 疑似症患者 届出 準

例示 国 患者数百例等

実施


エン 様疾患発生報告 強化 国

拡大







検体 採

亜型



強化

時 対象

加え

重症患者等 ウ




集団発生

積極的疫学調査 実施


他 死亡

発生早期等

感 経路 患者

重症患者 把握

患者

礎疾患

臨床情報

4



報告対象 大学 専門学校等

全数把握患者

地域発生早期

症状 治療経過 接触者等




調査

学校等



療体制

<行動計

改定








発熱外来

絞 込





地域



状況 応



療機

弾力的 運用

渡航歴等
接触者以外

発熱患者



対応


発生段階

電話再診患者 対

○ 帰国者 接触者外来

実施条件や運用等

接触者外来 実施

実施

発熱

都道府県

判断

替え

期 対応

 帰国者

称変更

帰国者 患者
一般

診療体制




帰国者 接触者外来

対象患者
対策







明示

や 国

処方

検討

p.32-35

都道府県

療機

具体的役割等 明示



病原性 高い又
地域感 期



場合

原則

海外発生期以降 開始



役割


帰国者

接触者外来 設置や迅速診断 ッ

定供給等

要請 検査体制

整備 等

帰国者

検査体制

整備 入院勧告

移送 等

都道府県等
療機

○ 都道府県等
 帰国者



接触者外来 設置

防 対策

判断

診者 診断

地域

状況

接触者外来や入院勧告等

判断

一般



接触者外来 終了

帰国者

療機

 全

地域発生早期







弾力的
地域感

対応

替え

運用





p.32-41

明示

い段階
判断 準



都道府県等

p.33

明示



患者 発生数 増加
著 い増加

段階 あ

隣接



確定診断

検査

対応

都道府県

都道府県等 判断



患者 多数発生



時期や

や 判断





明示



検査実施

優先

p.38-40

C 検査等 実施 目
地域発生早期



地域感 期

○ 一般




診者数

疑似症患者

決定

検体 採

都道府県等 判断

帰国者 接触者外来以外
帰国者 接触者外来

診調整

原則
段階

療機



 地域感



期以降

例 患者 そ

他 患者

検査 実施

患者

増悪等

連絡



診療体制

新型



確定検査 要否 確認

対応

明示 p.43,44

可能 限

時間的 空間的

療機

疑似症患者

検査

中 可能

確保

明示 p.37,38

対応

症状

保健
一般

エン

療機

集団発生や特徴的
場合

疑似症患者

都道府県等 判断

新型

 地域発生早期以前 一般
例 異常



5

エン

患者 あ







感 対策 行い 新





エン

患者

診療

実施

処方





診療体制

地域



連携

確保





○ 電話再診患者



 電話再診時




慢性疾患等
患者

診療



新型



診療


療養指

最近

新型

エン



診断



明示



場合

抗 ン

エン ウ

可能

場合

慢性疾患



薬品



診歴 あ

エン

場合

診断

場合

抗 ン

エン





処方 可能

エン

 抗

エン

事前



可能

エン 様症状

電話





場合

電話

処方





場合

具体的運用

処方 可能

慢性疾患

○ 抗

定期

了承



.抗

発行

希望

電話



等 処方
診患者

p.41,42

明示







エン





備蓄

薬 備蓄




方等



p.46





明示


国民

相当

予防投
具体的


承認





量 目標

備蓄

都道府県及び国 備蓄


従来




い 抗

通知 参照
エン





及び

6



エン 薬

整理
現時点



使用可能

効期間
備蓄

短 備蓄 適
今後




検討

.新型



<行動計

エン

改定

● 事前準備

ワクチン



新設



ン >

推逭

6





方法等

全国民
研究 開発

ワクチン確保
必要

ワクチン

対応

原則

輸入ワクチン 確保方策

ワクチン

滑 流通体制 構築

病原性





目指



いワクチン製造方法や



国産ワクチン



製造

強い場合

公費


い 検討

集団的

接種

生産体制

整う

必要

行う



接種体制

構築
● 発生時

迅速 対応

発生時

ワクチン

可能
新型





対策

速や

エン



特徴

優先接種対象者等

い 決定





決定事

及びそ

決定方法等

事前 定



● プ

決定

病原性 感

力等





接種

法的



ックワクチン 備蓄

発生時

迅速

接種

行え



接種



必要量



製剤化



備蓄









ックワクチン
療従事者

先行接種

 社会機能維事者
社会機能維持

 優先


実施

先行接種

専門家等

可能

重症化 死亡


○ ワクチン



確保




エン

病原性

高い

接種

行わ

場合 実施








考え方

府対策本

重点 置 考え方

重点
可能 限

置 考え方

抑え

重点 置





将来



考え方

p.49-53

全国民

クチン製造法等



意見

限 抑え

国 将来

 早期





決定

重症化 死亡

 6

新型

必要 人員 確保


p.47-49

本的考え方



研究

開発



10ml 等

供給
タ プワクチン

 国産ワクチン

ックワクチン 製造
生産




承認等

足 見込

目指

迅速 承認
場合

7

細胞 養法等 新

ン 整備 推逭
供給
実施 必要 応

輸入ワクチン 確保 検討

検定

免除

いワ

○ ワクチン
 国

p.53,54

供給体制

都道府県



決定

都道府県

卸売販売業者等

協力

各供給先

納入

調整

○ プ



ックワクチン

 都道府県 実施主体

臨時接種

未発生期 段階
事業

確保



集団的





ックワクチン 接種 実施

原性

配 等

高い場合



い場合



構築

確認

p.59-63
村 実施主体



新臨時接種

優先

沿

接種

公的

施設

実施



療機 委

地域

師会等

協力



接種

臨時接種

場合

例示 病

ワクチン 接種体制 構築

実施
集団的
療従事者等

病原性 高い場合 臨時接種

公費

地域

等 予約方法 工夫

窓口 一

実施

実施

地域 師会等 連携

接種

統一

接種

実施

確保

接種 実施

p.69-71

 ワクチン 接種回数

 ワクチン接種
 接種

接種体制

府対策本部 決定

接種対象者 あ

接種体制

未発生期 段階



例示

接種 実施

ックワクチン

 病原性

場合

又 都道府県 直接接種体制 構築

事業



○ そ

実施

各社会機能維持事業者 接種予定者数 調整

接種体制

簿や接種券



p.54-59

接種体制





前後

原則
血液検査


行い

ワクチン

効性

評価

確認

回接種

効果

い 検討

並行

迅速





情報







評価

国民等

情報提供等





.事業者
○ 人員計

職場

 保護者

 従業員
練等

新型

立案
乳幼児
長期

留意事
児童等




エン

提示

p.74

付 添う

多数欠勤

場合

対策

欠勤



備え

運営体制

実施

8

業務




検討



見込
従業員等

必要


教育



.情報提供 共

クコ ュニケ

<行動計

改定



● 一元的

情報提供

行う

● 対策

決定プ セ



現場 あ



対策

広報担当官


組織体制 構築

地方自治体や

中心

広報担当官 中心

対策 実施主体等

療機



情報共





明確

体制



設置等



情報提供

構築

p.75-77

設置等

広報担当官

広報担当官





対策 理由

厚生労働省

ョン

役割等 明示

発生状況や対策

情報



提供



ソン

役割
広報担当官


感 症全般

立場





広報担当官 中心
情報

集約



国民

実施主体




情報

官 専門家



意思決定 あ
担当

具体的 業務や運営方法

各対象
府対策本部や

情報提供手段


厚生労働省

考え

明示



省庁

省庁 適

確保

窓口 一本化

情報

調整
提供



府対策本部

調整

p.77-80

機会

増加や





情報提供

ンタ

ネッ







い運用方法

例示

情報提供手段 活用

地方自治体 コ

センタ

設置

他 公衆衛生業務




一般的 問い合わ

事務職員 活用

A 作








外部 民間業者

直接的

地方自治体

情報共

担当者連絡先

事前共

方法



方向

情報共

検討

p.80,81

具体的 方法 例示








整理 発信 窓口業務 実施

情報提供
対策



広報担当チ

一元的 情報発信


一定 知識





対策
直接的

発生時 問い合わ 窓口
理由 プ

情報共

セ 等

設置



方法 例示


ン等 通

情報共

問い合わ 等

9



ック

Show more